1件のコメント

  1. ヒサカセイコ

    「菡萏遊郭 建物 玄関そのお向かい。
    腰下の市松模様タイルとシンメトリーな玄関の意匠」

    この建物ももうすぐ取り壊されるそうです。

    私は5歳の時から、この地のすぐそばに住んでいました。
    昔はこんな建物がたくさんあり、私がものごころついたころには、
    こういった建物はたいてい貸間として再利用されていました。
    当時の同級生も済んでいました(その建物はもう今はありません)。

    「負の遺産」といってしまえば、それまでですが、こういった建物は
    「文化財」ではないでしょうか?
    壊してしまうのは簡単ですが、壊してしまえばもう二度と再生できません。

    このあたりもずいぶん、以前の遊郭の建物はなくなってしまいました。

    せめて今ある建物だけでも残す道はないのでしょうか?
    なくなってしまったら、もう二度と元にはもどれないのに…..。と、寂しく思って
    います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください